会社存続のために必須!安全に経営したいならM&Aを使おう

M&Aをするとどうなるのか

多くのベンチャー企業が登場してから、今まで聞き慣れなかったM&Aという言葉が一般にも浸透し始めています。これは会社が生き残るために行うもので、企業の合併や買収を総称した言葉です。アメリカではかなり前から頻繁使われていたサービスとなっています。

M&Aを行うとどんなメリットがあるのかというと、買収する側とされる側双方が得をする仕組みです。他の会社を買収する側の方は対象となる会社のノウハウや人材、技術力を手に入れることができます。買収される側の会社は事業そのものをお金と交換できる、会社経営が危うい状態から救ってくれるメリットを持ちます。2つの会社が1つになることで事業を拡大できるので、より大きな会社へと生まれ変わるのが特徴です。

合併と買収は基本的に違う

会社合併の場合は2つの企業が持つ資産を1つにすることで大きな会社に変化します。また双方の会社を統合するため従業員の数も増える、社名も変更されるのが特徴です。買い取った会社側の事業スタイルが反映されるのが基本となっています。

買収の場合は企業の持つ株の大半を買うことで経営権を手に入れる事が可能です。買い取った会社はそのままのかたちで残り運営できます。基本的に友好的な合併や買収になるか、敵対的なものになるかが重要です。

安全に合併や買収をしたいならM&Aを支援する会社を利用すれば双方の会社の仲介人になってくれるため、大団円なかたちで合併や吸収を行えるので使ってみましょう。

M&Aとは企業の合併と買収を意味します。合併とは複数の企業を1つにまとめること、買収とはある企業が別の企業の株式や事業を買い取ることです。