インテリアにこだわりたい!カーテンの選び方3選!

部屋のイメージを考える

部屋の顔を行っても過言ではないカーテンですが、いったいどのようにして選ぶことによって、成功を収めることが出来るのでしょうか。

まずは、是大敵な部屋のイメージを決めることから始めた方が良いでしょう。何も決めずにインテリアの店に行ってしまいますと、大量の柄や色を見ているうちに、何を勝手良いのか分からなくなってしまいますので、どのようなテイストにするのかを先に決めておいた方が良いのです。

自分の好きな色にすることが一番ですが、家族の意見や、来客時のイメージを膨らませながら購入することが大切です。

素材にもこだわってみる

続いて、カーテンの素材にもこだわってみると良いでしょう。遮光カーテンにしたいのか、洗ってもシワにならないような素材にしたいのか、涼し気な素材にしたいのか、温かみのある素材にしたいのかなど、素材を変えることによって雰囲気を大幅に変えることが出来てしまうのです。

少し大変ですが、季節ごとにカーテンを着せ替えるという方法もあります。

サイズをきちんと測っておく

最後に、カーテンと一口にいっても様々な大きさがあります。窓の大きさが特殊ですと、特注しなくてはいけない場合もありますし、カーテンの幅や長さが合っていないとオシャレには見えません。お手頃価格の既製品の場合には、既に大きさが決まっている場合もあるので注意しましょう。

ちなみに、カーテンの長さや幅はメートルではなくセンチで測ることになっていますので、注意しておくと良いかもしれません。店では全てセンチでの表記がなされています。

ひもカーテンは一定の長さに揃えた複数のひもを垂らして使うインテリア用品です。ひもの部分に汚れが付着しやすいので洗濯機で洗浄出来る材質の製品を選ぶのが、清潔な状態で使い続ける工夫になります。