社員研修働くこのように活用する!内定者フォローの役割とは

内定者フォローが必要になっている理由

売り手市場と言われる新卒者採用の確保に、どの企業も苦労しています。そのような中で注目されているのが、内定者フォローのための社員研修です。これは内定者を集めて事前に研修を行うものですが、その目的は二つあります。まず一つは会社の経営理念などをしっかりと伝えて、そこで働くことの意味や価値を理解してもらうためです。これは内定者の辞退を回避するのが目的となります。そしてもう一つは、入社してからすぐに即戦力として活躍してもらうために、必要なスキルを教えるためです。

内定者フォローで大切なポイントとは

ここで内定者フォロー研修の目的の一つである、辞退を回避することに注目してみます。会社側としては、いかにこの会社で働くことが良いかということをアピールしたいところです。けれども実は、どれほど必死にアピールしてもそれほど内定者の心には響いてはいないものです。その理由は、そのアピールはあくまでも会社側の都合によるものだからです。けれども内定者は自分の都合で考え判断します。他に好条件となる会社からの内定が出れば、平気で辞退するでしょう。そう考えると内定者フォロー研修にどれほどの意味があるのかと思いがちです。けれどもしっかりと内定者の側に立って考えれば、効果的な社員研修を行うことは可能です。

社員研修はあくまでも社員の利益を優先すること

会社は優秀な人材を必要とします。そして優秀な人材というのは、目の前の利益にのみ執われることはありません。まずは自己鍛錬を優先して物事を選択しています。つまり、内定者フォローの研修において、いかに社員自身のキャリアアップにつながる講義を行えるかが優秀な人材を確保するポイントとなるわけです。

会社の業績をアップさせる手っ取り早い方法は、社員教育です。社会人としてのマナーや心構えを改めて教育することで、社員は仕事に身が入り、熱意を持って働きます。そして業績アップにつながるでしょう。