青色申告と白色申告の違いとは?はたしてどちらがお得なの??

個人事業主になったら確定申告をしなければなりません

個人事業主になった場合、青色申告か白色申告で毎年1回確定申告を行わなければなりません。青色申告って難しそうだし売り上げもあまりないから白色申告にしようと思っているなら、このコラムをご覧ください。青色申告が白色申告よりどれだけ得になるかを紹介します。

青色申告にはどれくらいメリットがあるか

まず青色申告を選ぶと、最高65万円まで青色申告特別控除を受けることができ、納める税金を大幅に減らすことができます。他にも青色申告のメリットには赤字が発生した場合、その赤字を3年にわたり繰越すことができます。その赤字を黒字の年に差し引くことによって税金を安くするという効果があります。

資産を考えてみた場合、白色申告では一括で経費計上できるのが10万円までですが、青色申告だと30万円未満までは購入年に全額経費計上することができます。また白色申告では家族の給与は86万円までしか経費計上できませんが、青色申告では全額経費計上することが可能です。

このように青色申告は白色申告に比べてさまざまなメリットがあります。

青色申告をするなら会計ソフトを導入しよう

青色申告で確定申告をする場合、帳簿を作成しなければなりません。さらに青色申告特別控除を受けたい場合には複式簿記で帳簿を付けなければならないので手間に思う方も多いことでしょう。しかし会計ソフトを使用すれば日々の帳簿付けから決算書の作成まで簡単に行うことができます。電子申請に対応した確定申告書の作成をしてくれる会計ソフトもあり、値段も1万円程度と手ごろです。

ちなみに白色申告も平成26年1月から所得額に関係なく記帳と帳簿書類の保存が義務化されたので、どうせ帳簿を付けるならメリットの多い青色申告の方がおすすめです。

青色申告は確定申告の方法のひとつです。特別控除をはじめとして、さまざまな税制上の特典を受けることができます。