プライバシーの侵害を防ごう…流出したりするともっと危険!

親しき中にも礼儀あり…

「親しき中にも礼儀あり」ということわざがありますが、これはどんなに親しく仲の良い相手であったとしても、礼儀はわきまえなさい…という意味ですよね。礼儀がいらなくなってしまう仲というのが、いわゆる親しい関係だと言えます。仲が良くなるほど口調や言い回しが砕けて、言葉や態度が失礼になってしまうことがありますよね。親友なら尚更、良い人間関係を保つために礼儀を守るべきなんです。礼儀知らずな人間ほど、人のプライバシーを侵害している場合が多いんです。今回は、プライバシーの侵害や流出に関わる注意点や保護策について考えてみたいと思います。

家族にだって礼儀が必要

仲の良い友人との関係を良好に保つには、相手のプライバシーに介入しないことが一番ですよ。大親友と呼ぶことのできる友でさえ、礼儀をわきまえないと人間関係に亀裂が生じます。血の繋がった兄弟でもそれは同じで、プライバシーを侵害から家族の縁が切れてしまったなんていう例もあります。プライバシーというものは、人の人生そのものなんですよ。個人が大切にしているプライバシーが侵害されたりしたときは、裁判になることだってあるんです。

流出しやすいプライバシー

プライバシーが流出したりすると、大きなトラブルに発展してしまう恐れもあります。流出しやすいプライバシーとしては、名前、住所、電話番号、メールアドレス…などが挙げられます。その他には、ローンカードや銀行の口座番号なんかも流出しやすいので注意しなければなりません。自分が持っている自分だけの情報は、しっかり保護しつつ管理しておきましょう。個人情報が他人に知られてしまうと、それを悪用されてしまう恐れがあるんです。

機密文書とは企業に関する極めて重要で機密保持が必要な文書な事を指します。極秘文書、秘文書、社外秘文書と会社によって表現が色々あります。